ハコシラベTOP
ライオン製作機体一覧
FA(フリックス・アレイ)公式HP(リンク)
ルール説明(リンク)
機体規定(リンク)
全機体紹介(リンク)
メモ
私的フィールド



製作物です。 画像をクリックしてください


ハンマーヘッド

ペラコバクター・ピロリ

キッカー

スペーシャ

アンカー

トーマス

ベルクロ

ブルポイント

ブルポイントロング

メタルツリー

シリコケトン

ブルコサミン

ベニカミ

ウッチリクブサー

フリップコプター

アーバンサー

ペジテ

フォトルーガ

アーテル

クローロン

ロブスター(イセエビ)

スリップローダー

イーゲル

マイラ

光ファイバーツリー

モンジュモン

マグリープ

ポインター

ヨンタマ

マダナイ

パウザー

ゴマセンベイ

イーゲルアン

ハニカムケトン

ニーゲラ

ニーグルム

イーゲル2

ハニカム2号

ドライエック

ペールシカ

トウヤクビン

オットーネ

テナガエビ

ホタテ

ホイールドーザー

ネコメライフ

テツバサミ

パッチン

電ブル

ギーロ




ハンマーヘッド 2016/08/20完成 2016/12/05改造







回避型特殊攻撃機体。相手の攻撃は回避形状で受け流してマインヒットでダメージを与えていく機体です。収納可能な長い尾で遠くのマインや機体に接触させて少ない動きでマインヒットを狙います。


ペラコバクター・ピロリ 2016/08/20完成




回避型機体。とにかく薄く回避しやすいようにしたのでフリップアウトさせられ難いです。こちらもフリップアウトさせ難いのでマインヒットが基本スタイル。


キッカー 2016/08/26完成


アッパー型機体


スペーシャ 2016/08/12試作

回避型機体
アンカーの中央設置で機体を場外させないはずがアッパー型機体でアンカーを狙われると弱い

アンカー 2016/08/01完成


防御型機体
四つにウエイトを分散させて防御時に攻撃されなかったものをアンカーにして場外を防ぐ予定 だったが大型機にまとめて飛ばされるとアンカーが意味を成さない

トーマス  2016/08/13試作 2016/12/02改造








強力なバネを使用しています。機体ケースでは強度が足りず何度も破損、バネを圧縮固定する部分や開放するための部品は機体ケースとは別に厚みのある塩化ビニルやABS、アクリル、金属などを使用しています。機体ケースのボディとバネに関わるアーマー部分をフレキシブルな素材で繋ぎボディやシャーシに直接の衝撃が加わらないようにしています。フリックス内でバネの力で相手を飛ばす勢い→火力を高めることを追求して改良を重ねて現在に至っています。前からの衝撃で発動して前へ伸びるバネの難題である攻撃時の反動軽減、反動制御など火力低下の可能性がある物は一切省いた高火力の攻撃特化型の機体です。


ベルクロ 2016/09/03完成










面ファスナーを用いて多様な変形を可能にした機体、変形に時間と手間がかかる


ブルポイント 2016/08/20改造





ブルポイントロング  2016/08/26完成






「ブルポイント」を強化。機体名「ブルポイントロング(ブルポロ)」69.02g。相手機体下に潜り込めば相手のグリップを無効化、上部装備のバネが相手機体を遠くへ飛ばします。先端ブレードはブルポイントよりも長く鋭く、鉛を内包しフロントヘビーでシュート直進性能、後方攻撃の受け流し性能を持ちます。メタル触手でマインヒット率も上げます。機体幅をボディ幅に合わせることで狭い幅でも真っ直ぐ進めます。上部装備のバネを開放状態でシュートすれば回転回避系の機体にも攻撃を加えやすい。


メタルツリー 2016/08/26完成



針金を樹木のようにした機体。針金なので形を自由に変えることが出来ます。この針金が後のロブスターやマイラの反動軽減、衝撃吸収装置になりました。


シリコケトン 2016/12/05改造







71.51g。軟体防御型機体。メイン素材にシリコンを使用。シリコンの弾力でほとんどの攻撃を無効化、衝撃を軽減します。そのため、フリップアウト耐性が非常に高いです。バネなどのギミックで攻撃力を強化した機体にも高い攻撃耐性を示すもののシンプルな機体、造形機に弱い。 特殊シュートポイント「フライングバー」でシュートによるジャンプが可能。タイヤシャーシなので意外とよく動きます。


ブルコサミン





バクタンセ・サミンと重建王から発想して制作した機体。重建王(ブルドーザー)→ブルとサミン→ブルコサミン。グルコサミンに似てる→関節をスムーズにする成分。甲殻類に含まれる成分。→強靭な関節と強固な装甲を持つ機体。先端ブレードは牛(ブル)の鼻先、ロック解除部分の曲げた金属の丸棒は牛の角をイメージしています。「ブルコサミン」71.35g。先端部分(安全のため)と規定ボディとシャーシ以外オールメタルの金属機体。先端ブレードを機体下に差し込む事でロックが外れ、斜め前方へすくい飛ばします。すくい飛ばしのためフィールド際でのガードが出来ないので脅威となる。バネとしての力はトーマスに劣るものの、力の向きが上向きでロスする事無くバネの力を相手に使用できるので相手への攻撃力としてはトーマスと同等のダメージ(飛距離)を与える。※フローリング上で72gのシンプルな機体が相手の場合。高機動型、攻撃型、攻撃特化型、大型機体と相性が良い。軟体防御型、回避型は苦手。


ベニカミ  2016/09/08完成





量産販売機体「インフェリアタスク」の改造機体。アッパーカスタム。


ウッチリクブサー 2016/09/23試作











69.57g。スピンシャーシ搭載機体。通常スピンに加えて横回転のスピンも可能。芯を捉える攻撃にはサイドシリコングリップでブレーキをかけてウッチリクブサー(起き上がりこぼし)ギミックで元に戻ります。前後の攻撃以外は回転運動で受け流します。芯を捉える攻撃やアッパー攻撃にはには滅法弱い機体です。


フリップコプター 2016/10/01試作


コンセプト「空飛ぶ機体」を元に回転翼機を製作。
防御力?グリップ?衝撃吸収?そもそもフリップアウトしなければいいじゃない。空飛べば良いんです。ハイ、「フリップコプター!」どこまでも飛んで行きました…フリックスはフィールド上空はフリップアウトしないとの事で作った飛行機体です。攻撃手段がないのと、飛ぶとフィールドには帰って来ない。動力はゴムで衝撃を受けるとロック開放されて飛んでいきます。 


アーバンサー 2016/10/17改造 2016/11/09改造















アーバンサー。意味は「前進」。ワイドフォーマットのシャーシ使用機体。
初のコアユニット型採用。ボティと外骨格部(アーマー)がフレキシブルに繋がる事で常にシャーシ底全面がフィールドに接地する。 コアユニットは8.8gで残りはアーマー重量でグリップ力を強化している。攻撃にはバンキシステムを搭載、バンキッシュドライバーの攻撃機能を発動し易く改造し移植しています。前面ブレードが押される事でバネに圧力をかけてロックを解除する方法からブレードが押される事でデコの原理を使用してロックを外す方式へ改良しています。アーテルはこの原理をより発動しやすくして利用しています。
ミニ四駆のワンウェイホイールを利用。フロントは後進にリヤは前進のみ回転するようにしてあるのでシュート時はタイヤが浮くかリアのみ接地しています。シュートの勢いが無くなるとフロントタイヤが接地してブレーキがかかります。フロントが回転するようにしているのはタイヤが固定されていると同じ面のみ接地してグリップ力が弱くなるからです。このタイヤで前後左右からの攻撃に対する防御力が高くなります。


ペジテ 2016/10/11完成







バネ、シリコン、可動ウイング、金属球、円形などの良い面を合わせてみました。


フォトルーガ 2016/10/12試作





性能確認用 試作機体。フォトルーガ(フォートレスレボリューションとトルトゥーガの特性)。フォートレスのメタルボールによるショック吸収とトルトゥーガの回転回避能力を混ぜてシリコングリップ全開でディフェンス型機体を作ってみました。


アーテル 2016/10/15試作 2016/11/18改造








アーバンサーの変化型コンセプト機体。同じ数のバネを4列から2列にしてリーチを伸ばしています。バネで押す力は強くないですが発動後にバネで押し出す距離が2倍近くになった事で相手を遠くに飛ばしつつバネの力が弱い分より安定してギミックが発動します。多少シュートがブレても先端が大型ブレードなので相手に当たれば発動して相手を飛ばします。段差乗り上げ用アタッチメントを付けると細かい段差は乗り上げて進みます。フロントタイヤは後ろ向きにだけ回り、リアタイヤは前向きにだけ回るので前後のタイヤが接地しているときは軽く押されても転がりません。シュート時はフロントタイヤが少し浮き上がるのでスムーズに進み勢いが無くなるとフロントタイヤが接地してブレーキがかかり止ります。フロントタイヤが回らないと一部のみが接地し続けてグリップ力が減るので回避するために回る機能を残しています。


クローロン  2016/11/19完成









アーテルのコンセプトを発展させ、バネの伸張時の長さを限界まで伸ばそうとした機体です。最長30cmまで伸びていましたた、不安定になるのでリーチを12cmにして発動成功率を上げました。リーチが伸びた分だけ相手を押し出す力が増しています。長くしたバネを圧縮するとバネの力が強くなりロックの解除が難しくなるので全面ブレードのをトリガーに使用して前面から押され後方へ行く横の動きを斜めの板で上への動きに変えて小さな力で大きく動く→大きな力で小さく動くように変換してロックを解除しています。後の機体ギミックに大きな影響を与えたギミックです。 ブレード部分は回転して上下が反転するので平らな所、段差がある所で使い分けて使用します。


ロブスター(イセエビ)  2016/10/19試作 2016/12/03完成












突き刺し込みアッパー型の攻撃機体。 バネギミックの多段階発動機体で攻撃します。 まず、前方にある二つにハサミ(トリガー)の両方もしくはどちらかに衝撃が加わると機体上部が前に移動します。 トリガーの横移動を上下の運動に変えるギミックで機体上部後方を上方へ押し上げてギミックを発動します、上部が丸ごと前方へ移動し、機体上部前方がバイザヘッド(機首が下がった状態)になるので上部に搭載した刺し込みブレードが相手機体とフィールドの隙間に差し込まれます(最初のハサミに衝撃が加わる時に相手機体を押すので少しだけ相手の機体が浮き上がります)差し込みながら上部は前へ移動し続け最後にロブスターの目がトリガーとなって二段階目のギミック、ジャンプアッパーが発動します。差し込まれた状態のブレードをキックバネで上方少し前方へ飛ばします。キックバネが強力で反動が大きいため触角を模した高架式反動制御及び機体姿勢制御ギミックがバネの動きに反応して大きく動いてバランスを維持し、姿勢を安定させます。ジャンプ終了後は触角のクッション力で機体が転倒する確立を下げます。 触角の反動制御は防御時にも働きます。シュート時にはフィールドに接触しないが攻撃を受けた時に高架式ウエイトで機体が傾き底面のシリコングリップが効力を発揮します。触角はマインヒットを狙う時にも役立ちます。 ギミックをロックするセーフティ機能で誤発動を防ぎ、アクティブシュート時に通常シュートとは別にエビ反りジャンプシュートで突進してくる相手機体を避けつつ移動距離を稼いで先手を狙います。


スリップローダー 2016/10/19完成





相手機体へ滑って行ってバネで攻撃します。攻撃時も後ろに滑って攻撃力が半減します。 機体の構造上、背が高くなるのでバネ部分とケースを可能にして斜めにした状態で規定サイズに適合させています。


イーゲル 2016/10/17完成



針ネズミの意味を持つイガイガ機体。柔らかいので怪我はしません。裏面はシリコングリップなので意外と防御力があり、軽量なのでバリケード使用効果が高くフリップアウトもし難い。


マイラ 2016/11/18試作  2016/12/04完成



















フィンランド語でmaila【こうもり】を意味します。 ブルコサミン、ロブスターの流れを汲む、突き刺し込みアッパー型機体。ロブスターからの改良点はトリガーを機体中心前方に1つ設置することで小型機体にも安定した発動を可能にした点です。トリガーやギミックを軽量コンパクト化したおかげで両サイドにオプションパーツを付けることが可能になりました。オプションは面ファスナーで自由に付け替えが可能なのでオプション次第で別機体と言える機体が作れるかもしれません。今回のオプションはマイラシーピ(siipi→翼)で攻撃時の反動制御と姿勢制御、防御時の衝撃吸収とシリコングリップでの防御力向上です。ロブスターは機体と一体化されていたシリコンをマイラシーピの面ファスナー接合部の下に設置することで機体が傾かなくてもマイラシーピの動きでグリップ発動が可能になっています。 ギミックの誤発動をさせないセーフティ機能をつけたのでアクティブシュートでジャンプ攻撃も可能です。


光ファイバーツリー 2016/10/30完成




光る。光ファイバーなので癒し効果があります。


モンジュモン 2016/10/30完成




モンジュモン (アラビア語で地雷) マインのような機体で光ります。


マグリープ 2016/11/04完成






相手の攻撃を受けるとジャンプする跳躍機体。マグネットで変形し、磁性機体には取り付く、フレキシブルロングアームでマインヒットを狙う機体です。


ポインター 2016/11/07試作






ロングリーチで遠くから攻撃するための機体。2方向へ伸ばせるので高確率でマインヒットを狙えます。


ヨンタマ 2016/11/07試作





対造型機用機体。四つのタマでヨンタマ。磁石で機体に鉄球を付けていて衝撃を受けると外れて衝撃を分散させる。 鉄で防御して鉄で攻撃する鉄球機体。


マダナイ 2016/11/09試作






重量69.65g。攻撃リーチは5cm。タイヤシャーシを採用しているので機動性が高くとてもよく進む。指で弾いてシュートするとバネ発動で後方移動(バックステップ)する。攻撃後に距離を置きたい時に便利。弾かずに押し込むシュートを行うと後方移動をしないのでバネの力をすべて相手を飛ばす力として使うことができます。


パウザー 2016/11/12試作




全面ブレードのトリガーでバネの発動エネルギーを後方へ送る。このギミックをトリガーにして左右の強力なギミックを発動させて攻撃を行う。 重量オーバーなので改良の余地あり。バネが強すぎて相手機体が壊れる可能性がある。ギミックが強すぎるため反動で機体がジャンプして攻撃失敗することがある。


ゴマセンベイ 2016/11/17完成





薄型、円形機体。
某お煎餅型の対策機体として真面目に作った機体「ゴマセンベイ」ボディ裏面にウエイトを付ければ71gまで増量可能。この形状は軽さも強さの一部な気がするので今は軽量で対策機として使用。重くするとバリケ効果が減るのと相手機体のギミックが発動しやすくなるので危険かもしれない。ベストなウエイトが判明したら改良予定。相手ギミックが発動しにくくバリケードを使用しやすく、攻撃力がある重量が難しい

イーゲルアン 2016/11/16完成


イーゲルは針ネズミ、アンは腕。ハリネズミの腕でマインヒットを狙います。


ハニカムケトン 2016/11/16完成





ハニカム構造のシリコン製鍋敷き(100円)を使用。グリップ力が強い。フライングバーで飛び跳ねる。規定用固定針金はシャーシ内に収納します。 乗り上げてきた機体はジャンプシュート(畳替えし攻撃)で高確率でフリップアウトさせます


ニーゲラ 2016/12/03完成





ポルトガル語の女性形の黒を意味する言葉「ニーゲラ」70.68g
先端ブレードは面ファスナーで取替え可能、シュートで指を痛めないクッション効果と板バネの要素を兼ね備える板バネシュートポイントを使用。、爪へのダメージが少ないので子供、女性、始めたばかりのフリッカーさんにも爪を傷めずにシュートができます。70gオーバーの機体でシリコングリップシャーシを採用しているので防御力もあります。


ニーグルム 2016/12/02完成










ラテン語で「光沢のある黒」の中性形で使用されるNigrum(ニーグルム)が由来。 トーマスの高火力攻撃主義の流れを汲む機体です。 トーマスのように強力なバネを使用する高火力、 アーバンサーから始まるコアユニット・ヘビーアーマー方式の採用で機動力と防御力を両立するワンウェイホイール・ゴムタイヤグリップの効果的な利用、 クローロンのようなロングリーチ攻撃、 マグリープ、ポインターの流れを汲む軽量コンパクト化された伸縮収納可能なバネ内部部品→ニーグルムで1番重要なパーツのマスト(支柱)、 アーテルの安定発動を実現させる前面プレート、 ベルクロの機能を移植した面ファスナーでプレートを着脱可能にして路面に合わせてプレートを上下入替えて悪路に対応、 パウザーのギミック起動装置の改良使用、 ロブスター、マイラの特殊シュートポイントの改良使用、 ペジテとヨンタマで確立した金属とABSの接着方法で接着したバネと機体の接合部 など様々な機体の特性や技術を込めた攻撃型機体です。


イーゲル2 2016/12/12完成




イーゲルをコンパクトにしてより扱い易い造形機にしました。


ハニカム2号 2016/12/12完成 2017/08/02改造




ハニカムケトンをシンプルにして扱い易くした機体です。


ドライエック 2016/12/21完成







ドライエック【Dreieck】ドイツ語で三角を意味しています。 シンプルに扱い易い機体として製作した機体です。シュートポイントはABS板0.5oを使用して柔らかいです。シュートで指を痛めないクッション効果と板バネの要素を兼ね備える板バネシュートポイントを搭載。ヘビー級の重量機体ですが、相手に応じてウエイトを取り外して軽量機体で対戦します。


ペールシカ 2016/12/24完成





 persica ラテン語で「桃」を意味します。 桃のような外見です。シリコン製で柔らかいです。


トウヤクビン 2016/12/24完成




投薬瓶。シロップ調剤のボトルを利用した機体。ボトル内には粘性のある液体のエチレングリコールを使用しています。この液体で衝撃を少しだけ吸収します。 強い衝撃の場合はボトルと本体が分離して衝撃を受けた方が飛ばされて衝撃を緩和する予定です。ボトルと本体は磁石と鉄板の引き合う力で固定されています。


オットーネ 2017/01/05完成



オットーネ ottone(イタリア語で真鍮)真鍮のスタッズを貼り付けた真鍮の機体です。


テナガエビ 2017/01/05試作 2017/02/16改造、塗装































2017年03月25日 午前7時 動画公開予定です。
テナガエビ(手長海老)長い手で広範囲のマイン攻撃と近接シュートではバネ攻撃を行います。


ホタテ 2017/02/10完成

























2017年03月25日 午前7時 動画公開予定です。
帆立貝をモチーフにした機体です。貝殻の一片を帆のように開いて立て、風を受けて水上を帆走する帆掛舟さながらに海中あるいは海上を移動するという俗説をイメージした機体。 捕食(拘束)攻撃、捕食成功の次ターンに貝ヒモをイメージした可動式シュートポイントを展開して近接スピン攻撃を想定しています。


ホイールドーザー2017/05/09試作、








ネコメライフ 2017/05/31試作、






腕装着型フリックス機体・ライフカウンター機能搭載。長期戦で自分と相手のライフを覚えなくてもこれがあれば忘れない。腕に装着すれば対戦で動いてもいつでもライフ管理ができます


テツバサミ 2017/07/18試作、




鉄製で強力なクリップを載せて近接攻撃に特化した機体になりました。クリップによる攻撃可能範囲内に敵機がいる場合は高確率でフリップアウトさせると想定。


パッチン 2017/07/24試作






100円均一のパッチンバンドを捕獲用アームに転用しました。これで相手機体を捕獲します。捕獲アーム分離と同時にウエイトダンパーを相手に残してマイン攻撃へ。ウエイダンパーでシュートし難くさせます




電ブル 2017/07/24試作






マブチ130モーターと単三乾電池を搭載して規定の72g以下を実現した電動移動型押し出し機体。電池ボックス、モーター、ギア、タイヤは100円均一の電池で動く電車のおもちゃを利用。 前面ブレードで相手を押し上げると電源が入り、モーター駆動で相手を場外まで押し出します。


ギーロ 2017/07/29試作






ギーロ(ジャイロ(gyro)のラテン語発音) ハンドスピナー利用機体が増えているのに際し製作したベアリング使用機体。 薄型機体であることで対薄型攻撃が有利。回転部分を分離する事で機体の方向転換も可能となり複雑なマインヒットの可能性を上げる。


ケロシューター 2017/08/05試作







空気の圧力を利用してバネギミックを発動させます。